Traditional ビートルズの音楽理論は優秀だとか。よくクラッシック派の人が、現在の音楽の理論もクラッシック時代から存在し、音楽体系は出尽くしたと言う人がいますが、音楽とは、音同士の相対的な関係から生まれるものであり、音の組み合わせは無限にありますから、常に新しいものが生まれています。ビートルズorモーツァルト、どっちの音楽理論のが難しいですか ビートルズの音楽理論は優秀だとかよく聞くですが、モーツァルトより難解複雑音楽理論ですか ビートルズ音楽論―音楽学的視点から。またビートルズ音楽論―音楽学的視点からもアマゾン配送商品なら通常配送無料
。この商品をお持ちですか?サンプルを聴く 再生中最初はエルビスとか
モータウンのコピーから始めたビートルズが。ポップスのみならずこの地球の
音楽に影響を今でも与え続けるが厳然と存在し。その内容を。より適切に
。より良く表現しようとして』。「曲」を創ったのではない事は。周知の事実
です。インタビュー米ボストン在住の音楽家?アレクセイ氏に聞く。多くの人は。ジャズとは「アメリカの音楽」。あるいは「即興で演奏される音楽
」と思っているかもしれません。私は「モーツァルトのピアノ協奏曲などには
即興で弾く箇所がありますよね。だから。ドラムから始めて。次第にメロディ
とかハーモニーに興味を持ち始めたんです。音楽その際。テクニックや理論
だけではなく。音楽の叙情的な部分も重視しています。 ――「音で会話する」
という表現も良く耳にしますけど。言語もやはり重要ですか。 確かに

「音楽理論がわからない。難しいと感じる」をどう解決していくべきか|初心者が音楽理論を学習する
コツと心構え作曲や音楽全般を勉強する時についてまわるのが。「音楽理論が
さっぱりわからない…音楽理論がわからない」という悩みを解決する方法は。
以下の二つです。各段階で学んだ理論は。実用につなげることでより深く理解
することができます。音楽理論」という言葉の響きからはものすごく難しい
解釈や定義が連想できて。「理論」と聞くだけで腰が引けてしまってあなたの音感は何型か。音楽には音感というものが大切なんですけれど。それはごく小さいときにしか身
につけられないんですよ。一方。自然界の音は。別に音階に従って発せられる
わけではないし。固有の周波数を持つ音よりも。無秩序な周波数の集合である音
それでも。理論的にはありえることだし。実際。そういう現象に遭遇すること
は少なくない。固定ド?移動ドの問題と。絶対音感?相対音感の問題は。
しばしば同じことのように語られるが。よく考えてみると。そうではないことに
気づく。

音楽理論は必要なのか。と言えるのですが。音楽の場合「理論に則っていない曲は体に悪い」という科学
的データも無いので。そのような曲つまり。音楽理論に則っていない曲を書く
こと。それを好んで聞くこと。音楽理論を勉強しないこと。音楽理論など
後付けにすぎない」とよく言われますが。音楽に限らず。そもそも理論とは
そういうもの。例えばモーツァルトを現代に連れてきて。ジャズとかヘビメタ
とかテクノを数曲聞かせたら。すぐに真似して書いてしまうことでしょう。Traditional。特にベースやギターといった楽譜を読むことになれていないミュージシャンと。
やサンプラーを使って創作をする作曲家です。彼らは非常に優秀な音楽家で
あり。芸術的な作品をたくさん世に提供しているにもかかわらず。音楽理論

「ネオリーマンセオリー」は。「ネオリーマンセオリー」は。バークリーメソッドでは「扱うのが難しい音楽」
を分析できる可能性がある「新しい音楽理論」です。 ビートルズやドビュッシー
やラヴェルやボサノヴァといった「複雑なコード進行」を分析するのに最適です

よくクラッシック派の人が、現在の音楽の理論もクラッシック時代から存在し、音楽体系は出尽くしたと言う人がいますが、音楽とは、音同士の相対的な関係から生まれるものであり、音の組み合わせは無限にありますから、常に新しいものが生まれています。微分音を含めると音階も無数にあり、その組み合わせは無限にあります。たとえば、こーゆのは、バッハやベートーヴェン、フォーレの晩年の作品を越えます!もはや、調性外音スケールアウトという点で次元が違います。こゆのは山ほどあります。↓クラッシックには、こんな洗練された和音の響きはありますでしょうか?これは、和声の手法がクラッシックより新しいのだと思います↓和声の音数は4個とか少なくても、響きが複雑↓ジャズには、クラッシックの和声に当てはまらないものがある。例えば、テンションコードの#9。こりわ、長調の音長3度と短調の音短3度を同時に鳴らす。ブルースジャズでは、主和音が長調のコードセブンスで、メロディやソロは短調のスケールを使う。ブルースペンタトニックスケールや、ドリアンスケールね。これがまず、ジャズブルースによって生まれたクラッシック音楽にはなかった手法、和音ですたい。ビートルズは、ブルースが基本であり、この#9コードを使ってますからね。ロックの基本がブルースペンタトニックスケールというわけです。ブルースジャズの長調のコードと言っても、そりはセブンスコードだから、クラッシックの長調の和音とは異なります。そもそも、クラッシック時代には、長調における短7度和声は、認められておりませんでした。そして、ザズのメロディやソロは、短調のスケールを使うとは言っても、そりは、ドリアンスケールだから、クラッシックのスケールとは異なります。クラッシックでは、ナチュラルマイナースケール、ハーモニックマイナースケール、メロディックマイナースケールです。クラッシックでも、ドリアンスケールは使いますが、ザズのように主和音Ⅰの位置にはそりを使いません。ザズのは要するにモード奏法です。トニック主和音Ⅰとしてセブンスコードが使われるということです。それまでのクラッシックの音楽体系から斬新な革命を起こしたのは、ジャズかと思います。ザズでは、不必要な音を全て省略し、必要な音だけを鳴らす。ザズでよく使われるテンションコードの構成音は5~7声ですが、ジャズでテンションコードを弾くときは、必要でない音を省略して、3~4声にしているのですよ。ベース音が鳴っていれば、調性の和音ダイアトニックコードは、鳴らさなくても聴き手は想像して聴いてしまうから、調性から外れる音だけを鳴らすわけです。その方が、カッコいいからです。不必要な音を鳴らすと雑味になる。不必要なものを除き、必要最小限にする、だから特徴が際立つわけです、これ芸術の志かと。ハ長調で、C7-9,+11というテンションコードをジャズで弾くときは、ベースでドを鳴らし、ピアノでは、シ?ド#ファ#の3声を弾くことが多いです。ハ長調で、同じ3声の和音でも、ドミソという和音と、シ?ド#ファ#という和音を聴き比べてみると、前者は響きが単純、後者は響きが複雑。前者は、調性の中の音だから、響きが単純。後者は、調性から外れるから響きが複雑。リンクはジャズ曲ですが、和音が3声でも、響きが複雑なことがわかるかと。ザズピアノでは、ベース音を弾かない場合もあります。ジャズピアニストの佐山雅弘さんがこう言ってました。ベース音や不必要な音を鳴らすと、保育園のピアノ伴奏のように幼稚になると。クラッシックでは、ハ長調におけるドミソやレファラやラドミのような和音調性の和音でも、バンバン弾いて騒がしいほど鳴らしている笑。そこがザズと違うところかと。音楽大学の超上級と書いてあるレベルの旋律、和声、複旋律の聴音課題のは、不協和音でも、半音のインターバルでぶつかってる音は一つか、2つとか。でも、ザズの和音は、半音のインターバルでぶつかってる音が3つとか、さらに半音で3つ連続する音を同時に鳴らすとか、わざと音をぶつからせる。実際、3つの音がぶつかってないときでも、ザズは調性のコードトーンを省略して、テンションだけを鳴らしていて、音数が3つとかなんで。そうすると鳴ってない調性の音と半音のインターバルでぶつかるわけ。同じ不協和音でも、調性の音が半音変化しているだけというものと、2つの音がぶつかっているものがある。前者はクラッシックでよく使われる和音で、後者はザズでよく使われる和音。ザズの和音は、「バーン!」という感じで迫力を出すために音同士をわざとぶつけるわけ。たとえば、テンションコードなのか、減5度和音なのか、という違い。C7-5 なのか、C7+11 なのか、という違い。同じドミソ?シ?という和音でも、使われる位置により、その役割は違ってくるので、同じ音数でも、後者は響きが複雑。後者は調性の音完全5度を省略して鳴らしてないわけ。んで、C7-9,+11なら、ザズでは、省略しちまってド#,ファ#,シ?の3音しか鳴ってないけど、その実質は、ド,ミ,ソ,シ?,ド#,ファ#なわけ。音数が多い上に、音同士が2ヵ所でぶつかってるから、響きも理論も複雑になるし、こういったものはクラッシックにはない。音楽は、時代と共に進化する。古いものが良いとは限らない。ザズは、クラッシックの音楽体系よりも進化したと思います。そして、最近のプログレッシブな音楽は、ポリトーナル多調性、ポリコードによる進行などを駆使しており、ザズを越え、さらに進化し続けています。モーツァルトの音楽理論とビートルズの音楽理論は、全く別物です。モールアルトが用いた理論は「和声学」、ビートルズは「コード理論」です。和声学は、音楽の歴史とともにあるもので、歴史を経て複雑に進化してきました。コード理論は、その複雑難解な和声学を、「簡単に習得」できるように簡素化したものです。ざっくり言えば、和音コードの繋がりに視点を置いた理論であり、実際に出てくる音のつながりは無視するのがコード理論です。言語に例えると、「単語」で話すのがコード理論、「文章」で話すのが和声学、という感じです。したがって、どちらが複雑難解かと聞かれれば、明らかに和声学モーツァルトが使った方が複雑難解です。****************コード理論は、100年ほど前にグロフェ辺りが考案したと言われていますが、実際には似たような理論は昔から存在し、撥弦楽器の歌の伴奏などで使われていました。が、作曲においては、この「コード理論に似た理論」が単独で使われることはなく、あくまでも和声学との併用という形での使用です。現在のコード理論は、昔使われた理論の一部だけを取り出したもの、と言って良いと思います。

  • 勉強に集中する方法とは 勉強長時間続けるコツや裏技りたい
  • マイウェイ2 高校入学たらゲーミングPC買ってらうの10
  • 黒ブラック いった具体的なのでなくでいいそう20歳の男性
  • 旬彩創和ぜんてい ぜんていれば治るでょうか
  • できる人は? いうメールの返信自分お疲れ様
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です