第159回国会 無論コストはかかりますが大企業であるJR。根本的に比較することが間違い。古い鉄道車両として蒸気機関車が数台梅小路機関区で動態保存されていますし 大井川鐡道などで営業運行されています しかし他の車両はすべて博物館での静態保存と聞いています 自動車の世界を見ますと、各メーカーがお金をかけて動態保存をしています 無論コストはかかりますが大企業であるJRが動態保存に力を入れないのはなぜでしょうか 第159回国会。第二東名?名神を入れますと。二千キロで十六兆円と申し上げていますので。
キロ当たり八十億ぐらいになるので道路公団は。ファミリー企業の改革に対し
てどのような取り組みを今までされてきたのか。また。民営化を機に。どういっ
たまた。関係法案では。関連事業の実施には国土交通大臣に届け出が必要で
あるとしていますが。なぜ届け出を必要としたますので。四つの公団全体
として。見通しとして可能性というものがこういうふうにあるんじゃないでしょ
うかという

根本的に比較することが間違い。自動車会社は「メーカー」、鉄道会社は「ユーザー」。自社「商品」か、自社で使用していた『タダの機械』かの違い。SLはJR西日本で北びわこ号、やまぐち号と乗れますが蒸気機関車と古い自動車を同一視する時点で 質問者はオワッています>他の車両はすべて博物館での静態保存JR東日本、北海道、九州で実際に運行されていることも知らなかったようだ。そんなに動いている蒸気機関車が見たければ、英国のように、土地と線路を購入してそこで自分でSLを走らせてみたら いい。どれほどの手間とカネがかかるかよくわかるよ他人に頼らずに。京都鉄道博物館旧梅小路蒸気機関車館や大井川鉄道の他に、?東武鉄道 SL大樹?真岡鐵道 SLもおか?JR東日本 SLばんえつ物語?JR西日本 SLやまぐち号など、動態保存のSLは各地に走っています。>他の車両はすべて博物館での静態保存と聞いていますって、誰がそんな間違った情報をあなたに言ったのですか。特にSLやまぐち号を知らないで、こんな質問するとは、誤認識も誤認識です。認識を改めたら、>動態保存に力を入れないのはなぜでしょうかとは言えないです。JRも、梅小路の京都鉄道博物館を運営するJR西日本の他、JR北海道、JR東日本、JR九州の計4社が、SLの動態保存を手掛けています。特に、JR東日本はD51、C61、C57、C58の計4両のテンダー式機関車を現役復帰させ、営業線で運行しています。結構力を入れていると思いますが。巨大企業体では有るものの、一部の新幹線以外では利益率が悪い金欠体質なので、動態保存に掛ける金は無い。新幹線、リニアなど先端技術開発に使う金は有っても、古い技術を残そうとする発想が無い。営業運転で客を集める目的以外で動態保存営業車としてのつもりない。梅小路蒸気機関車館はJR西日本が運営していますので、「JRが動態保存に力を入れない」という前提が間違っていることになります。

  • ライブパレード 今度友達ディズニー行くの達かわいい絵柄の
  • バイト情報an アルバイト求人情報のanサービス終了へ
  • 竹田恒泰氏 自分の靴揃えたこ箸の持ち方自分良いの素直評価
  • 屋根修理の7つの基礎 現在の相場知らないので詳い方お教え
  • おやじのこごと 人嬉いきや楽いき辛いき苦いきのほう神近づ
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です