比較日本学教育研究センター研究年報 呉はよく豪族達の寄り。まぁ全勢力が「豪族達の寄り合い所帯」なのです。三国志について質問です 呉はよく「豪族達の寄り合い所帯」と言われますが、どのような点が原因でこのように言われるのでしょうか 2。朝廷内の豪族間の争いが高まるなかで,大伴金村失脚後に勢力を強め,対立する
ようになった豪族は何氏と何氏か。 仏教 蘇我氏?物部氏のこの時の両氏の氏
上はだれか。 崇峻天皇 年に蘇我小野妹子が隋に派遣された時の階の皇帝
の名と,年に日本へ国使としてつかわされた隋の使者の名をあげよ。 高向
玄理比較日本学教育研究センター研究年報。上演している宝塚歌劇にいたるまで。興味深い研究発表が行われました。この
ように。このシンポジウムは。フランス文学研究者がフランス文化そのもの
についてではなく。評価をするというような社会性や国民性を持って います
。そういう両国民の違いを考えると。ミシ ュランが厳密な覆面審査によって。
一体とに節操がないことと言われるように。まさに肉でしょうか。 西岡。
やはり宣教の光と影というものがあって。 宣教自体が植民地化に加担したのでは
ないかとい

まぁ全勢力が「豪族達の寄り合い所帯」なのです。そこから脱却しておのおの群雄となるのですが、その下積み期間が曹操や劉備に比べると旗揚げから赤壁後までと長いのが孫呉の特徴です。三国志というと魏呉蜀しか出てこないのでイメージ湧きづらいですが、孫呉があった揚州の南半分は常に山越という勢力がいて、孫呉の歴史の中心は山越との戦争の歴史です。孫呉だけ、同時進行で劉表や曹操と戦っているのです。当然、孫呉だけの戦力で賄えるはずもなく、周瑜などの在地豪族の資力に頼らざる終えません。献帝を擁立している董卓や曹操なんかは爵位を与えて、国衆実質的支配をしている在地豪族の協力を得る事ができますが、孫呉は地位が低いためそれができません。なので占領した土地を与えて報酬としました。これを封爵制?封邑制などと言います。土地を与えられた豪族は資力拡大のため山越討伐に乗り出し、部曲と呼ばれる私的な戦力を蓄えていきます。孫呉はこの国衆が持つ部曲を借りて戦っています。赤壁の戦いで多くの国衆が降伏論を主張しました。孫権には直轄軍も資力も少ないため主戦論に転ずることができません。ので魯粛を使って、豪族周瑜をわざわざ動かし、大豪族に大豪族を説得させる大会議を開いたのです。このあたりがまさに「豪族達の寄り合い所帯」と言われる所以です。赤壁後。揚州最大の勢力だった周瑜が死に、その勢力を麾下の魯粛が吸収したことで、曹操が青州兵を手に入れたように一気に直轄軍の強化に成功します。封邑制は次第に解消され、下記回答にあるような世兵制は孫権が認めた者にのみ与えられる特権となっていきました。孫権が呉王、呉皇帝になるような頃には「豪族達の寄り合い所帯」とは程遠い状況になっています。呉郡四姓などはまさに孫権が育て上げた孫権のための国衆と言えるでしょう。孫権死後、これらは貴族化し、同時進行で山越との戦争は続いているので、貴族化した豪族らの部曲も比例して肥大化していきました。呉の終盤の時代になると、彼らはいつでも皇帝を廃することができるほどの戦力を持っていて、この時期の呉皇帝は孫権ほどの皇帝権力は持っていません。「豪族達の寄り合い所帯」だったのはだいたい赤壁まで。「皇帝孫権の強権時代」を経て、内部抗争による皇帝権力の衰えとともに「貴族達の寄り合い所帯」になり「六朝貴族時代」に突入していくという流れです。君主の意向が豪族の意向に負けるというのは言い過ぎだと思いますが魏や蜀と比較すれば豪族の力は強いと思います。兵制については既に回答に上がってますので別の記載を紹介してみます。歴史書の三国志で鄧艾が呉の名家豪族は皆私有兵を持っていると述べてます三国志鄧艾伝また三国志朱治伝では呉郡の役所には公族子弟と呉の四姓が多く仕え郡の役人が数千人になった、孫権へ使者を派遣する時は数百人だった、などと記載されてます。呉の四姓というのは恐らくここが初出典具体的にどの一族かは記載なし前者は他国から見た感想後者は主要地域孫呉の首都である期間が長いのポストに豪族が幅を利かせてた具体例となります。孫呉が呉を頂点としたローカル色が相対的に強いのは強固なイデオロギーがないこと支配地域があんまり増えてないためだと思います。仮に孫呉が順当に勢力拡大していったなら必然的にローカル色は薄れて中央集権的な国へ脱皮していったでしょう。曹操のように地元を首都にしない可能性もあります。togさんに同意。呉の軍隊は世襲制だが、継承にあたっては君主が相当介入している。子供ではなく兄弟?親族に継がせる。無能なので軍を取り上げる。軍を解散し、他の軍に編入する。こういうことが頻繁に行われた。継承者の選定権、軍の存続権は君主が握っていた。呉の君主権は相当強い。強すぎると言っていい。三国で一番君主がやりたい放題した国は呉。近臣あがりの孫峻、孫綝、張布らが政権を壟断するのは、君主権が強い国ならではの現象。勢族の陸氏、顧氏、全氏は、皇帝や近臣に敵わない。呉が豪族連合で君主権が弱いというなら、魏は連邦国家で君主権ゼロです。呉の君主権はそれぐらい強い。呉郡の四姓は初出が西晋時代の文献。後漢の頃はそんな言葉はない。陸氏は後漢書に伝のある人物二名、陸遜の祖父と父は比二千石という超名門。顧氏は顧雍の父と祖父の名が不明だが、曽祖父が太守なのでまあ名門。問題は残りの二氏。張氏も朱氏も三国時代以前はぱっとしない。呉郡四姓というのは、後代に呉郡呉県の著名な四家をあげたもの。呉郡四姓が呉の最高の名門で真の実力者だったみたいな言い方は正しくない。呉郡四姓は呉県の四姓なので、烏程県の孫氏が入るはずもない。孫氏は功曹?督郵を輩出しているので、れっきとした郡の勢族。そして徐氏や呉氏と縁組している。もともと地盤は強い。例えば呂蒙とかは義兄が亡くなった時にその軍隊を引き継ぐことが認められています。本来の軍制は官職に兵がついてくることが基本なのですが、特に豪族の力の強い呉は豪族の率いる私兵は代々受け継がれ、それが呉の戦力の源になっているのです。ste********さんも仰るとおり、呉において孫家の家格と言うのは決して高くありません。孫権も勝手に豪族の兵を取り上げることができずに彼等の兵力を宛てにしないといけない、と言う状況があります。魏もたとえば李通とかは重要な状況を任される武将でしたが、それは彼自身が持っていた兵が重宝されていたためだと思います。このように個人が持つ兵力が非常に重要で、特に呉の場合はそのような武将が多数いました。このことが呉が豪族連合と呼ばれる所以だと思いますね。私はその意見にあまり賛同しません在地勢力に頼らざるを得ないのは三国どれも共通です呉の世兵制をみると、なんとなく皇帝権力が介在せずに豪族が独立性を守ってるように見えますが、その実孫権は横槍を入れまくっています。世兵制は兵装軍備を武将たちが各々用意するようなので、国家負担が少なかったのでしょう。軍費は浮くし、兵士も家系に使えて忠誠心も期待できます。無理に解体する必要は見出せなかったのでしょう歴代皇帝は意外と好き勝手やってます呉は豪族の寄り合いで孫氏が神輿であるならばここまでワガママが通ることはないでしょう。呉の皇室はちゃんと皇帝権力を持っています魏のような簒奪が起こらなかったことから見ても呉の皇室は決して弱くないと思うのですもともと後漢は、豪族の時代といってよいくらい皇帝権力が弱体で豪族の力が強い時代でした。後漢も豪族の連合政権と評されることがあります。それは劉秀とともに天下統一に協力した仲間たちの大半が南陽郡出身の豪族であり、後漢という政権は南陽豪族が支えていたという側面があったからです。例えば、後漢の歴代の皇后のほとんどが、この南陽郡の豪族出身者でした。霊帝の何皇后は珍しい例外孫呉の場合、政権を支えていたのは呉郡の四姓と呼ばれた有力豪族でした。呉郡陸氏…陸遜など呉郡顧氏…顧雍など呉郡朱氏…朱桓など呉郡張氏…張温など呉郡の治所は呉県であり、現在の蘇州市にあたります。蘇州の歴史は古く、春秋時代の呉の国の都都の名も呉だったでもありました。漢代に入ってからも、呉郡は長江下流域の中心地域であり、呉郡の有力豪族が、他の豪族より一歩抜きんでた存在だったのでしょう。三国時代の呉を建国した孫氏も、呉郡の出身でした。『三国志』呉書?孫破虜討逆伝によれば、孫堅、字文臺、吳郡富春人、とあります。呉郡の富春県の出身ということです。呉の四姓は、呉郡の呉県を本貫としている名門ですが、孫氏は同じ呉郡でも田舎の県の出身で、全く名門でない一族ということになります。極端なことを言えば、孫呉という政権は、呉の四姓のような名門豪族が非名門の孫氏を担ぎ上げて成立していた、と言えなくもないのです。孫権は皇帝に即位してからも、皇帝権力の強化を目指しながらも有力豪族に遠慮しなければならないという二律背反に悩まされていました。

  • 語彙力とは 語彙力なさすぎてよう返信すればいいか悩んで
  • qa20120625a よう求めればよいのでょうか
  • ダナンから ホイアンダナンへの移動タクシー考えて他おすす
  • Funny チェヨンの魅力可愛らい見た目予想出来ないかっ
  • スマホの充電は正しくできてる 因み4000mAhモバイル
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です