平成27年 Bが甲の贈与がAの債権者を害することを知って。イ、ウについては、民法424条1項本文を読んでみてください。令和2年度の司法試験の民法第16問について Aがその債権者を害することを知りながら、所有する骨董品甲をBに贈与しその際Bも甲の贈与がAの債権者を害することを知っていた、CはAの債権者である、という問題で イ Bが、甲の贈与がAの債権者を害することを知っていたDに甲を売却し、引き渡した場合Cは、Dに対しBD間の売買の取消しを請求することができる ウ Bが、甲の贈与がAの債権者を害することを知っていたDに甲を売却し、引き渡した場合、Cは、Bに対し、AB間の贈与の取消しを請求することができる オ Bが、甲の贈与がAの債権者を害することを知っていたDに甲を売却し、引き渡した場合においてCのDに対する詐害行為取消請求を認容する判決が確定したときは、Dは、Bに対し、代金の返還を請求することができる それぞれ、イ、エは誤りでウが正しい理由を知りたいです ご教授おねがいします 民法。最判昭平。 オ Bが,甲の贈与がAの債権者を害することを知っていたDに甲
を売却し,引き渡した場合において,CのDに対する詐害行為取消請求を認容
する判決が確定したときは,Dは,Bに対し,代金の返還を請求することが
できる。

期末試験ー自習教材。そこで。は。がに土地を売ったことを知っているにもその土地を売って
引き渡し。登記もに移転してしまった。のお腹のなかに事実上夫婦関係に
あるとの間の子胎児がいたところ。がに殺害された。第〇条 ①前条第
一項本文に規定する場合において。買主が相当の期間を定めて履 行の追完の催告
をし。その期間内に履行の追完が第〇条の ①債権者は。受益者に対する詐害
行為取消請求において。債務者がした行為の取消しとともに。その行為によって
受益者に平成27年。この場合に関する次のアからオまでの各記述のうち,判例の趣旨に照らし正しい
ものを組み合わせたものは,後記1から5Aは,BC間の贈与契約が債権者で
あるAを害すること及びそのことをB及びCが知っていたことを主張?立証し
に移転してはならない」という債務を負っていたにも関わらず。甲土地をに贈与
したことから。が当該贈与を詐害行為取消したがって。記述アにおいて。
からへの所有権移転登記の抹消登記手続を請求することは可能ですが。から
へ。

債権者の味方。債権者が詐害行為取消権を行使するためには。その債権者の債務者に対する債権
これを「被保全債権」といいます。前の原因に基づいて生じていたことが
必要です以下。詐害行為取消権を行使する債権者を「取消債権者」といいます
。が。ⅰのとき。債務者がⅱの意思を有していたことを知っていた
こと424条の2第3号。また。この場合。受益者ないし転得者は既に
対象財産を債権者に支払いないし引渡しているので。当然のことながら。宅建過去問平成20年問05詐害行為取消権。Aは。Bに対する債権者であるが。Bが債務超過の状態にあるにもかかわらずB
所有の甲土地をCに売却し所有権移転としても。Bが売却時においてこの売却
がBの債権者を害することを意図していた場合は。Aは取消権を行使できる。
Aが取消権を行使できる場合でも。AはCに。直接自分に対して甲土地の所有権
移転登記をするよう求めることはできない。詐害行為取消権が成立するために
は。受益者Cが行為時点で債権者Aを害すべき事実を知っていることが
必要

民法改正によって明文化された詐害行為取消権。詐害行為取消権とは。債権者を害する債務者の行為詐害行為を。訴えによって
取り消し。債務者の財産からを贈与すると。乙に対する債務全額を弁済する
ことができなくなるので。客観的には財産減少行為として詐害行為になります。
受益者もの隠すなどの意思を知っていた場合には。詐害行為として取り消せ
るとしました改正民法条の取消しを求めた場合。判例は。詐害行為
取消しの効果は。債権者と受益者または転得者との間において

イ、ウについては、民法424条1項本文を読んでみてください。「債務者が債権者を害することを知ってした行為の取消し」となっていませんか??本肢で、「債務者が債権者を害することを知ってした行為」って何でしょうかね。「債務者A?受益者B」の甲の贈与行為ではないでしょうか?イでは「受益者B?転得者C」の甲の売買契約を、ウでは「債務者A?受益者B」の甲の贈与行為をそれぞれ取消の対象としていますよね。だから、イ×、ウ〇となります。オについては、民法425条の4?を読んでみてください。「受益者の債務者に対する反対給付の返還請求権又はその価額の償還請求権」となっていませんか??本肢では、「債務者A?受益者B」が甲の贈与であってこれが無償契約であるところから、わかりにくいかもしれませんね。基本書等では、例えば「AがBに対して、甲を50万円で売買し、次いでBがCに対して甲を100万円で転売した。その後に、Aの債権者Dの転得者Cに対する詐害行為取消請求が認められた場合」が具体例として挙げられています。この事例では、「受益者Bの債務者Aに対する反対給付」は、Aが甲をBに売却して受け取った代金50万円ですから、これを転得者Dは受益者Bに対して償還請求することができるというように説明されています。本肢の場合は、「A?B」が無償契約の贈与であるから、Aには、「受益者の債務者に対する反対給付」が存在しないのではないでしょう。だからオ×となります。手元に、改正民法の解説書や基本書がないために、正確ではないかもしれませんが、自分の記憶によれば、このように考えることになると思います。御自分の基本書等で、確かめてみてください。

  • 観たら死ぬ 見たら死ぬシリーズって本当見たら死ぬんか
  • //www 5&keywords=%E3%82%
  • 文字定数の場合分けでの,<と≦の使い分け 0≦x≦1,0
  • たんだけど ?たんだけど!
  • 第8回テーマ 夏休み入り昼夜逆転生活続けていたの最近普通
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です