仏教って他の宗教に比べてなんか哲学っぽいというか異質な感。キリスト教やイスラム教などでも、勢力が拡大していく過程で神学という解釈学が発達しますので、そこでは複雑な哲学的体系が構築されています。仏教って他の宗教に比べてなんか哲学っぽいというか、異質な感じがするのですがどの宗教も掘り下げるとこんな感じなんでしょうか 見慣れない、聞き慣れない漢字とカタカナにびびってそう感じてるだけなんですかね 般若心経の五蘊とか NSIB。こどもの魅力は何でしょう。クラスで学生の許可をとってはいますが。何か
問題がありましたら。鈴木寛 @ まで御一報下さい。
シラバスの項目を見てもさっぱり想像できないのですが。少しでも数学的センス
が身につけば???また。中学までのというか。なんとなくとは違う視点
をもっているものに触れるのは。とても大切だと思う。 高校の時は数学が
好きではなかったが。大学で全く触れないようになると。解くことの面白さを
今更感じた。

科学思想。人間ってなんだろう?人間の様々なは違います。人道主義に反対する人はあまり
いないでしょう。人間の生活のためなら。他の動物を犠牲にしても良い。森
をなくしても良いという考えです。人間のために動物を殺すことはいけない
ことなのでしょうか。 キリスト教思想 キリスト教の思想によれば。人間も他の
動植物も。同じように神によって造られた者です。その意味様々な心の問題や
社会の問題が。愛のないところ。愛を感じられないところで生まれます。 愛され

キリスト教やイスラム教などでも、勢力が拡大していく過程で神学という解釈学が発達しますので、そこでは複雑な哲学的体系が構築されています。しかし、仏教の特異なのは、そうした体系化というのが、初期の聖典において既に行われているということだと思います。仏教のこのような方法論を伝統的に分別論 vibha?ga と言います。分別論とは、思考や観察の対象となる概念や事象をそのまま大づかみにするのではなく、細かく分解して、働きごとの要素に分別して名付け、その上でそれらを分析するという方法のことを言います。入門書などでは、仏教がこのように分析的になったのは後代の仏教徒がアビダンマという解釈学を発展させるようになってからだと解説されることがありますが、これは全く間違いであって、経典を読むと初期仏教経典の頃から一貫してある仏教的方法であることがわかります。質問にある五蘊というのも初期経典の頃からある分別法で、人間という存在を色?受?想?行?識という五つの要素に分解して把握するわけですが、経典ではそこに留まらず、さらに色を四つに、受を三つに、想を六つに、行を三つに、識を六つにという具合に分別してそれぞれの働きを説きます。さらに五蘊とは別に三毒、五蓋、十結、十二処、十八界、七識住、十二縁起というように、およそ認識の対象となるものは全て分別して分析するのが仏教のスタイルです。このスタイルのせいで仏教が哲学的に見えるということはあると思いますし、実際一種の分析哲学であるといっても間違いではないのですが、仏教が哲学と違うのは、全ての分別は瞑想による智見に基づいてなされ、瞑想によって智慧を開発することを目的として為されたものだということです。そして仏教における瞑想の目的は、生存という苦を乗り越える、すなわち解脱という一点にありますから、哲学のような目的が定義されていない、どこか遊戯じみた行為とは本質的に異なると言えると思います。仏教経典では、哲学のように知的見解を競わせる行為を戯論、つまり戯れ、遊びと呼んで忌避しているのがその証差です。*′?д`-д-????ヒンドゥーは、仏教の影響で哲学的に深化したし、キリスト教の黙想やイスラム教神秘主義も仏教の瞑想の影響下にあったらしい。もちろん、ブッダはバラモン教の修行者集団の一員で、その思想潮流の中にいたけど、ブッダが瞑想実践と宗教思想で卓越してたのは確かよねえ。>>>仏教って他の宗教に比べてなんか哲学っぽいはい。そうです。理由があります。世界にある多くの宗教では、神がいますよね。そして人間の力の及ばない神に従い崇拝します。仏教には、もともと神はいません。神のような〈自分の外側から自分をコントロールするような存在にすがるな〉とするのが仏教だったのです。つまり自分の意思で、〈道理〉を悟り、何者にも支配されない立場なわけです。●神に従う宗教は、自分で考えることや疑うことを禁止し、神の命令に絶対服従こそが良しとされる●仏教は、自分で考え常に正しさを求めて疑い、智慧を持つことをススメる宗教です。だから何かを崇拝する宗教と、仏教原始仏教は、一線を画すところはありますね。その流れを汲んだ大乗仏教では、庶民にも信仰しやすく、神格化された〈仏〉が登場し、信じるものは救われる、という流れになっていきます。そういう一面はあります。ただし古代ギリシャの「知を愛する」哲学のように自由な考察が許された何でも有りの哲学とは微妙に異なります。仏教は信仰に基づく宗教ですから、仏教哲学には「ブッダの言説は絶対に正しい」と言う検閲基準に従い思考に暗黙裡の縛りが設定されています。経典に記されているブッダの言説である限り現代の知的水準から見てどんなに頓珍漢な言説であってもその言説の妥当性を疑ってはならず、その言説の妥当性に説得力を与える目的で知恵を絞って理屈をひねり出す営みです。そこは中世キリスト教のスコラ哲学に似ています。仏教は、海外では宗教ではない扱いをされる場合が多いです。つまり「仏教=哲理」です。仏教は日本に伝来した当時は宗教ではありませんでした。そのため律宗や法相宗などの奈良時代の仏教は、今も葬儀や法事などは、やらないで勉学と修行に専念しています。仏教は慈悲だから、哲学にも似てると言うか哲学のはるか先の仏教経典読んでも仏教の真実は理解できませんよ仰る通りです。仏教は?哲学?に近いですね。仏教は広義ではヒンズー教の流れの一派ですけど。宇宙的自然物理的に解釈できる思想が多く含まれてますよね。まさに哲学ですよ。他の宗教と言ってもあとはモーゼ系のユダヤ教、キリスト教、イスラム教=天使と悪魔、善と悪…組織化するための掟のような不自然なルールが多い気がします。

  • MSGますじ リクエスト失礼ます
  • 脈なしラインの特徴とは LINEで相手自分質問てこない脈
  • 1/1&39;06 そうゆうの作るどうたらいいんか
  • お客様の声 自分の意思でなく病院いく開けられた感じて派手
  • リチャード?カーペンター 見てたらリチャードカーペンター
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です