ラクーンシティとは 作品でネズミからGウィルスが広がって。いえ、まずラクーンシティーで発生したバイオハザードの原因はGではなく、Tです。バイオハザードRe2について
作品で「ネズミからGウィルスが広がっていったのか」と言っていましたがラクーンシティにいるゾンビはGウィルスに感染してゾンビ化したってことですか Tウィルス が研究所から漏れて街中がゾンビだらけになったんじゃなかったんですか Gウィルスに感染してるのはシェリーだけですよね ラクーンシティとは。企業城下町となったラクーンシティにはアンブレラから出資を受け。設備の整っ
た総合病院が設立された。一方。市内にあるアンブレラの秘密工場からは-
ウイルス汚染水が垂れ流されていた。』で確認できる医院長の手記によると
。月日の時点で既にゾンビ化現象が確認されている。ウイルスのアンプ
ルが収められたアタッシェケースを奪取するが。死の間際にバーキン博士は自ら
の体にウイルスを投与ゾンビに支配されたラクーンシティは。徐々に死んで
いった。

バイオハザード発売中。ラクーンシティでの惨劇から数年後。T-ウイルスの感染は世界中へ広がり。
人類はアンデッドへ。地上世界は砂漠へと化していた。さらにアンブレラ社では
アリス計画が始動し。アリスのクローン実験が繰り返されていく。そんな中。
独りG生物。ゲーム「バイオハザード」に登場する生物。 生物とは。以下「」は-
ウィルスを接種した生物が変異した者。 -ウィルスだけで生物は生まれない。
また。本来ならとしての基準を満たしていない生物のため厳密には
では

いえ、まずラクーンシティーで発生したバイオハザードの原因はGではなく、Tです。RE:2は本編が省略気味で全貌が分かりづらいので、時系列順に、やや長文にはなりますが説明しますね。ラクーンシティーでの惨状の数ヶ月前、RE:2以前のバイオハザード1洋館事件での出来事の後、実はラクーンフォレストラクーンシティーを取り囲む巨大な森に洋館で流出したTに感染したゾンビやカラス、犬などが既に徘徊するようになっていました。洋館事件の真相はR.P.D.署長のアイアンズがアンブレラと癒着していたため、闇に葬られましたが、何も知らない街の住人たちの間では「街外れの洋館には化け物が出る」という噂が流れるようになります。なかには肝試しに訪れる若者も沢山いました。ゲーム内ファイルやドラマcdではいずれもすべて行方不明者になっています。RE:2でも署内に行方不明者の写真がありましたがあれです。そんな矢先、感染者がついにラクーンシティー郊外に位置するダムに到達。直ぐにダムは音信不通に異変に気付いた従業員がダムを調べに行きますが、その時には既に巣窟に同時にダム内の水が汚染され、そこを水源とする住宅の住人たちは感染者になり近隣住民を襲うようにこの時点で、街には感染者が発生し、あちこちで食人事件が多発。しかし署長の陰謀により、それはあくまでも怪事件として扱われており、あまり重要視されていませんでした-RE:2「G生物とU.S.S.の交戦前日」-不審者を見たとの通報を受けた警察官が、下水道を探索していると、複数人の不審人物を発見。不審者には逃走されるが、彼らの落とした「プラスチック爆弾」や数十発の「9mmパラベラム弾」を発見RE:2にて、G生物となったバーキンとアンブレラの保安警察U.S.S.が交戦していましたが、彼らが9mm弾を使用するMP5を装備していたため、この時既にNEST襲撃の下見を行なっていた模様そして、ラクーンシティーがあの大惨事になった原因の一つである有名フットボールチームの試合の観戦の為、街の外からも大量に観戦客が訪れます。そして試合中、沢山の客が密集しているスタジアムで客の1人が発症。周りの客を襲い始めます。そこから歓声に賑わうスタジアムは一転。悲鳴と銃声の鳴り響く戦場へ。研究所NESTは保安警察U.S.S.の襲撃を受けます。G生物と保安警察の戦闘でTがネズミを媒介に地上へ流出。Gサンプルは交戦中、G生物がすべて体内に摂取RE:2内ビデオでU.S.S.との戦闘中、G生物がウィルスケースの中身を口に流し込んでいる描写ありラクーンフォレストからの感染者。ダムから引いた汚染水を飲んだ住人が発症。流出場所であるラクーンシティー地下道に巣食うネズミやゴキブリから鳥→犬→人へと感染。スタジアムという密集地でのバイオハザード発生。さらにアンブレラ社は何をとち狂ったのか、そこへ更にB.O.W.を空と陸から次々投入していきます。ハンターβ、ハンターγ、ハンターμ、T-103、T-078、T-0400TP、ネメシス-Tこれらが重なったことで街が一気に地獄と化しました。バーキンの「Gは誰にも渡さない!」という願望のおかげか、Gウィルスは彼がすべて取り込みました。不幸中の幸いですね。もし、これがTと同じ様に流れていたら街を支配するのはゾンビではなくG生物たちでしたからね。実はラクーンシティーの惨劇中、街のある二箇所ではTの特効薬が完成する寸前でした。一つ目は事件の原因が未知のウィルスだと見抜いたラクーン総合病院の医者達が、投入されたハンターγの数体を決死の覚悟で捕獲し、研究したことで完成まであと一歩という所まで行きます。しかし、院内に感染者の大群が押し寄せ、同時にリーチマンと呼ばれるクリーチャーの発生により職員が全滅。効果もウィルスをほぼ完全に死滅させるというもので原作バイオハザード3では、このワクチンを後にカルロスが完成させることでジルを救っています二つ目はラクーン大学の博士の一人が発見、開発したもので、名称は「デイライト」その名の通り、真っ白に発光する液体開発者曰く、日の光デイライトがあれば傘アンブレラ社はいらないというもの効果もバイオハザードシリーズに登場するワクチン中最強。作中にはアンブレラの開発したTの進行を食い止めるだけのものもあれば死滅させるものもありますが、これは体内のT細胞を完全に死滅させ、永久的にTに対する完全な抗体を作ることができます。また感染者に打ち込むことでタイラントすらも一発で殺すことができるというものでした。しかし開発者が身の危険を感じ、OB主人公ジョージにデイライトを託す為、大学へ呼び寄せますが、到着時には既に何者かにより殺害されていました。これも後に、OBの主人公の一人がデイライトを完成させて街の外へ持っていったことで、Tのワクチンが作られるようになりました。もしアンブレラ社の妨害なく、これらが作られていれば、街の住人の犠牲者があれだけ出る事なくラクーンシティーが消滅することもなかったでしょうね。元々Tウイルス汚染水は垂れ流されててついに下水道で処理しけれなくなり下水道の人が感染し、そこからジワジワいろんな人が感染していき、決定的になったのが9月23日バーキンからウイルスを奪う時Tのサンプルが割れて下水道に住み着いていたネズミを介して警察署の犬→飼育員→署内感染そしてヒルを介してラクーン総合病院に蔓延9月24日にラグースタジアムで、スポーツ観戦をしていた観客がゾンビ化しそこから急速に広がっていきました。このような内容はバイオハザードアウトブレイクで描かれています。

  • 私にも投資って 少ずつ無くてくのってかな
  • 心理学者が指摘する 自分親なら約束たでょ実行させるべきか
  • 医師エッセー ふね口元見ている毛ポっこり凹んでいる所あっ
  • Reebok インスタ栄え廃止すべきでないか
  • [mixi]Lの血液型 デスノートのLの血液型不明なって
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です